« 2010年3月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年4月 8日 (木)

ダイジニサレテル

新学期ですね。新生活をスタートされた方、おめでとうございます。
我が家の双子は小学4年生になりました。入学ほどのインパクトはありませんが、それでもちょっとフレッシュな気持ちになりますね。小学校も折り返し・・・と思うと、感慨深いです。

さてさて、春休みのある日、マーヤが話の流れで、こんなことを言ってくれました。

「私たちはパパとママに大事にされてると思うよ」

なんと・・・嬉しい一言ではないですか。

「お洋服も買ってくれるし、ご飯だって毎日食べさせてくれるし、学校にも行かせてくれるし、旅行にも連れて行ってくれるし、それに・・・いつも私たちのこと考えてくれてるってわかるもん」

サーヤも横でうなずいてくれました。

親としては、これ以上に嬉しい言葉はないですよね。

私が親にしてもらったように子どもに愛情をそそいでいきたい。親の愛はいつも一方通行でいい、といつも思っていましたが、やっぱりこんな言葉をかけてもらえると心がほわーっとしてきます。

いつのまに、こんなことを考えることができるほど成長したのか、その成長も嬉しいです。

ありがとう。ママはさーちゃん・まーちゃんのママとして、まだまだ頑張るよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年8月 »