« サンタはいる?いない? | トップページ | 2009年★我が家最大のトピックス »

2009年11月25日 (水)

我が家の「のはらうた」

「のはらうた」って、ご存知ですか?

野原に住む生き物たちが主人公の詩が集まった、工藤直子さんのとても素敵な詩集です。

小学3年生の双子は、「擬人法で詩を作ろう」という国語の授業で、この「のはらうた」を勉強しました。「のはらうた」の詩を真似して、オリジナルの詩を作り、絵本に仕上げることにも挑戦しました。

ちょうちょが作者だったり、とんぼが作者だったり、どんぐりが作者だったり・・・様々な生き物の視点で、詩を作っていましたよ。

その中から、私が特に気に入った詩がありますので、こっそりご紹介させていただきます。本人から掲載許可は取りましたが、「名前は出しちゃダメ!」と言われていますので、ご了承を。

詩のタイトルは「がまん」

作者は「ねこみけこ」

本文です。

「おてんとさまが

あたまのうえにくるとき

わたしはいつもの

のはらへと

ねむたいきもちをがまんして

ゆったりまったり

あるいてく」

作者の「ねこみけこ」さんのプロフィールが詩集の最後に書かれていましたが、「ねんれい68さい、しゅみはおさんぽとお昼ね」だそうです。

「のはらうた」で「がまん」という言葉が違和感ありありで、それが妙に気に入ってしまいました。

あとで聞いたところ「とっても小さい頃、パパとお散歩に行って、帰りにとってもねむたくなって、それでもがまんして歩いたことがあるから、そんな気持ちを書いたんだ」そうです。

そういえば、まだ幼稚園に入園する前に、よく3人で散歩に出かけ、帰りは立ったまま、寝ていることがあったとか。(パパ談)

今はもう、遠い思い出です。

|

« サンタはいる?いない? | トップページ | 2009年★我が家最大のトピックス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186463/46854242

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の「のはらうた」:

« サンタはいる?いない? | トップページ | 2009年★我が家最大のトピックス »