« 旅行の準備 | トップページ | サーヤが飲み込んだトンデモナイもの »

2008年10月16日 (木)

プーのピーのペーのパーの

「プーの、ピーの、ペーの、パーの」

これはマーヤが時々つぶやく言葉です。幼稚園の年長さんぐらいから言い始めたでしょうか。

なんだか胸の中がもやもやっとして、ちょっぴり甘えたい時に私の前でつぶやくようです。

こういう言葉にならない気持ちとか、心の状態ってありますよね。親にどうぶつけていいかもわからない時って。

マーヤが「プーの、ピーの・・・」と言い出したら、「あらあらプーのピーのになっちゃったの」と言って、赤ちゃんみたいに抱っこしてあげます。マーヤもそれだけでいいみたい。

そういえば最近「プーの、ピーの・・・」と言わなくなったなぁ・・・と思っていたのですが、最近はまた違ったニュアンスで、ちょっと顔をしかめて「ブぅ~」と言います。

「あらブーちゃんになっちゃった。どうしたん?」と言って抱っこするのが、最近のお約束。まだまだ可愛い小学2年生です。

|

« 旅行の準備 | トップページ | サーヤが飲み込んだトンデモナイもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186463/42761808

この記事へのトラックバック一覧です: プーのピーのペーのパーの:

« 旅行の準備 | トップページ | サーヤが飲み込んだトンデモナイもの »