« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月27日 (日)

ぼったくりカフェ

双子が「夏休みの計画ごっこ」で訪れた「ミドリてい」。カフェの雰囲気を出そうと思ったのか、サーヤが「メニューを作ろう」と言い出しました。

「5,000円で買えるものにしてね。マーヤ、5,000円しか持ってないから」

とマーヤがお財布から取り出したのは、おもちゃの5,000円札。カフェだから5,000円もあれば大丈夫だよ。

そしてサーヤが大きめのメモ用紙に書いたメニューは・・・

★カルピス3,000円
★むぎちゃ2,000円
★みず1,000円
★チョコ500円
★あられ100円

ぼったくりカフェですか・・・(^^;)

急遽、ママが「ミドリてい」のママになり、注文をとりました。

2人の注文は「カルピス」二つとあられとチョコ、しめて6,600円。5,000円じゃ足りませんから。

まだまだ経済観念からほど遠いわが家の小学2年生でございます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

夏休みの計画

いよいよ始まりましたね、夏休み。

わが家の双子も夏休みまっただなか!です。夏休みといえば宿題。双子が通う小学校もご多分にもれず、ドリル形式の宿題と自由研究、自由作品作りの宿題が出ています。

毎日の計画を立てるページもあり、早速、2人が書き込んでいました。

「ママー、旅行に行くの何日?」「キャンプはいつ行くんだっけ?」「おばあちゃんちにはいつ行くの?」と交互に質問がとびます。それぞれ答えてやり、「○○君の送別会は○日」「この日は△△があるよ」と追加で教えてやりました。

「できた!」

2人が見せてくれた夏休みの計画表には遊びの予定がびっしり。

一瞬、納得したのですが、これって夏休みの学習計画表じゃないの???

だって夏休み前に自分で計画を立てて勉強する「自主学習」がスタートしたじゃない。これでは「遊びの計画表」だー。

ということで書き直しを命じました。が、双子は納得していない様子。夏休みといえば「遊び!」なんでしょうね。

夏休み初日には「今日の計画を立てよう!」と言って、遊んでいました。

2人で相談しながら書いた遊びでの計画表は・・・

---------------------------------------------------
・13時〜13時30分スイミングスクール
・13時40分〜13時55分キャッチボールスクール
・じゅく:こくごP1
おわったらミドリていでカフェ
---------------------------------------------------

「さぁ次はキャッチボールスクールよ!」などと言いながらキャアキャア言いながら遊んでいます。

「おわったらミドリていでカフェ」というのが笑えます。どうやら食卓でカルピスでも飲むつもりのようです。

ところが、このミドリてい、実は「ぼったくりカフェ」だったのです。続きは後日・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

思いがけない夏の拾い物

夏休み前のとある日の夜中、夫と24時間営業のスーパーに買い物に行った時のこと。マンションのエントランスを通る時に
夫が「あれっ?なんやあれ。えっ?わっ、すごっ」・・・と1人芝居(?)。

しゃがみこんで何かを拾いあげました。

夫の手にはなんとまぁ、カブト虫が!

野生?それとも落とし物?

あまりに珍しいので、家に持ち帰りました。

小さいけれど、ツノがあります。雄ですね。

翌朝、双子が見つけて大喜び!マーヤの第一声は「えっ?これ、ゴキブリ?」でしたけどね(^^;)

サーヤは「学校の帰りに樹液を採ってくる!」と大はりきり。(結局、採れなかったようです)

次の日曜日には虫かごを買いに行きました。夫はPTAの仕事で学校に行っていたので、私と双子の3人でペットショップに行ったのですが、何を買っていいのかサッパリわかりません。

いつもは素通りする昆虫コーナーに行き、あれこれ手にとって必要な物を調べました。

お店の人にもたずねて、

 虫かご(小)
 マット(土のようなものですが、中味は違うのでしょうか?)
 保水ジェル(マットが乾かないようにいれるんですって)
 昆虫ゼリー
 のぼり木
 皿木(昆虫ゼリーをセットできるようになっています)

を購入。

帰宅して、虫かごにセットしてみると、それなりにカブト虫のおうちになりましたよ。

20080721
(撮影するために床に置くと、ルークが「なんやこれ?」とやってきました)

カブト虫をいれてやると、いきなりマットの中にもぐりこんでしまいました。土の中の方が涼しいのかな?

それから1週間以上が過ぎましたが、今のところ、カブト君は昆虫ゼリーを毎日少しずつ食べ、マイペースで暮らしてはります。

私は大の虫ぎらい。中学生の夏休みに「昆虫採集と標本作り」の宿題が出た時も、クラスの男の子にアウトソーシングしたぐらいです。

そんな私でも、子供の母になると、カブト虫を飼ってみたりするのねぇと妙な感激。

双子は毎日、水を霧吹きでかけてやったり、昆虫ゼリーを取り替えたり、自発的にカブト虫のお世話をしています。できるだけ長生きしてね、カブト君。(そういえば名前はまだない)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

普通の子

双子が小学校に入学して、気づいたことがあります。それは・・・

うちの双子はきわめて「普通の子」だということ。

まだ2年生なので、露骨にクラスでの順位がわかるわけではないのですが、勉強に関しても大好きでも大嫌いでもなく、秀才でもないかわり落ちこぼれているわけでもありません。授業参観の時もまったく手をあげないわけでもなく、かといって目立つ存在でもありません。

体育の授業でも特に秀でた才能があるわけではないけど、とはいえ運動音痴で悩んでいるわけでもありません。

音楽しかり、図工しかり。

お友達はたくさんいて、毎日思いっきり遊んでいるようですが、リーダー的存在でもなく、逆にいじめられている様子もなし。

1年生の時の個人懇談でも先生から「特に気になることはありません」と言われ、叱られるよりいいけれど、ちょっぴり物足りない気もしました。

おまけに体格もクラスのまんなかぐらい。(靴のサイズだけは大きめですが。)

何かに秀でているわけでもなければ、問題児でもない。可もなく不可もなく?いわゆる「普通の子」ってこういうことを言うのかしらん、と気づいた次第。(もちろん「普通」の定義は難しいですけど)

でも、親としては喜ぶべきことかも知れません。2人とも元気で特に大きな問題を抱えずに成長しているということは。

それによく考えてみたら、「双子」ということと、パパが子育てをしているという点で十分「普通」じゃないですものね(^^;)

「普通の子、バンザイ」といつも心の中でつぶやいている私です。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年7月10日 (木)

サーヤ将来の夢

双子が通うバレエ教室で先日、体力測定がありました。

身体測定と体力測定の後で、生徒たちがそれぞれ自己紹介をしたそうです。名前・学年・学校名などに加えて、将来の夢を発表したとか。

「マーヤね、『お菓子屋さんになりたいです』って言ったんだ」

ちょっと前までは『お花屋さん』だったのに、いつのまにかジャンルが変わっています。

「サーヤはね、『バレエリーナ』になりたいって言ったんだよ」とマーヤ。

バレエ教室で大胆な・・・(^^;)

それを聞いていたサーヤちゃん

「サーヤ、本当はねママみたいなお仕事になりたいって言いたかったんだけど、ママのお仕事、どういう風に言っていいかわからなかったの」

「会社の人とか?サラリーマンとか?」

「そうそう、サラリーマン!」

これまた・・・(^^;)

夢としてどうなのかはさておき、「ママみたいになりたい」と言われるのは、やっぱり嬉しい・・・かな。

これからまだまだいろんな夢を描いてね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

七夕願い2008

昨日は七夕でしたね。例年、まだ梅雨明けしていない関西では雨の日が多いのですが、昨夜は晴れました。星はあまりみえなかったけど、織り姫さまと彦星さまは会えたかしら。

わが家では七夕飾りはしないのですが、ショッピングセンターや商店街で七夕飾りを見つけると、短冊にお願いごとを書かせています。

去年は「おとなになるまでじこにあいませんように」と書いたマーヤちゃん、そのことを話してやると「今年は2年生になったんだから、もっと普通のことを書く」と言ってこんな願い事を書き付けていました。

「けいさんがはやくなりますように」

小学生としては切実な願いですよね。

一方サーヤの願い事は・・・

「すべてのひとがしあわせになりますように」

去年は「おおきくなったらアイスクリームやさん」だったのに、何が彼女に起こったのでしょう?

みんなの願い事がかないますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

マーヤの夏みつけ

7月から「自主学習」が始まりました。

2年生からスタートする学習法で1週間の自宅学習を自分で計画し、計画表に書いて先生に提出します。先生からコメントをいただき、自主学習ノートに学習の成果を毎日書きつづります。そして週末には計画達成度を計画表に記入。親もコメントを書かなければなりません。

まるで目標管理制度にしばられたイマドキのサラリーマン。今から頑張っておくと、いいことあるかも。

最初の1週間は計算ドリルや漢字ドリルなども取り混ぜ、なわとびなど体育系の学習(?)も取り入れ、なんとか無事計画を達成できた2人。これからも頑張ろうね。

マーヤの金曜日の計画は「夏みつけ」でした。面白そうだけど、大変そう。

ところが金曜日はバレエのレッスンもあり、2人とも自主学習をせずに寝てしまったんです。

「土曜日の朝、やっておきなさいよ」と言っておいたのに、マーヤはすっかり忘れていた模様。呑気に土曜日は朝から工作なんぞをやっていました。(計画にはないのに、何のため?)

土曜日の夜、ふと思いついて「まーちゃん、夏みつけやったの?」とたずねると、「あっ、忘れてた」

いきなりですか・・・

「今からやれ!」

パパから厳しい指令が。時間はもう9時、寝る時間です。

しぶしぶ机に向かうマーヤ。これから夏を見つけるのは大変!大丈夫でしょうか・・・。

私の心配をよそに、30分ほどでノートを持って、子供部屋から出てきました。

見るとちゃんとマーヤの夏を6つも見つけていましたよ。

(以下、原文のまま)
夏見つけ(しぜんとくらし)

1.わたしのおうちにあるトマトが赤くなりました
2.せんぷうきがいえにかえるとおいていました
3.すこし早いけどたなばたをみせでみました
4.学校でナスビを見たら大きくなっていました
5.学校にいくとちゅうにもうあさがおがさいていました
6.土曜日にプールにいきました。楽しかったよ

それぞれ挿絵付きです。

よくこれだけ見つけたられたねぇ、とほめてやると「計画立てた時から考えてたもん」とマーヤ。

(^^;)そうでしたか。

でも、計画を立てる時にある程度、見通しを立てることも大事です。サラリーマンの目標達成制度でも重要なポイント。

これからも、サーヤとマーヤなりの自主学習、頑張れ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »