« 女を磨く双子たち | トップページ | バレンタイン・プチ騒動 »

2008年2月13日 (水)

心のこり

テレビ番組などで、出産の瞬間をうつしだすことがありますよね。そんな映像を見ると、いつも、とてもとてもうらやましくなります。

私には出産直後の記憶がありません。帝王切開だったのですが、局部麻酔がきかず、全身麻酔に切り替えられたのです。

私の意識が戻ったのは手術から何時間もたった後のこと。しかも双子を取り出した後に子宮内膜症の手術まで行われたため、大出血をおこしてしまい、二日ほど意識がもどったりなくなったりの繰り返しでした。

手術が行われたのは水曜日、私がNICU(新生児集中治療室)に入っている双子にガラスごしに対面したのは土曜日になってからでした。しかも車椅子で。

わが子を初めて胸に抱いたのは日曜日。それはもう感激の一瞬でしたよ。

テレビ番組で、生まれたばかりの赤ちゃんを抱くお母さんの表情を見ても、胸が熱くなってしまいます。その一方で、私も体験したかったなぁとうらやましく思うことも。

生まれてすぐの赤ちゃんをこの手で抱いてみたかった。それだけが私の心残りです。

でも、たとえ数日遅れでも、この手でわが子を抱くことができ、今、こうして二人ともスクスクと育っているのですから、贅沢な思いですね。

|

« 女を磨く双子たち | トップページ | バレンタイン・プチ騒動 »

コメント

お久しぶりです。
私は局部麻酔での帝王切開でした。予定より6週間早い出産のため、手術室にはあらかじめ保育器2台用意されてありました。
手術中は眼鏡を外さないといけなくて、看護婦が眼鏡を私の顔に乗せて、一瞬だけ子供の顔を見ることが出来ました。子供達に触れることなくNICUへ。
私は翌日から発熱で4~5日寝たきり。
子供達の体重に差があったので、NICUでも部屋は別々でした。
保育器から出たのは2~3週間後だったので、それまでは保育器越しに見てるだけでした。
あの頃が懐かしい…。

投稿: あむい | 2008年2月13日 (水) 22時05分

ワタシも帝王切開でしたです~。なので、通常分娩の話を聞くとちょっとうらやましかったりもしますねえ。なんだかわかるような気がいたします。赤ちゃんを抱っこしたときの喜びも!!

でも、一番大事なのは、今子供たちが元気で、自分がその子どもたちの成長を楽しんでいられるというありがたい状況なんだと思っておりますです。会社の友人で、小さな子を抱えながら難病と戦っている人もいましてねえ。それを見たら、ホント、頭が下がって…あとの大概のことは「ささいなこと」だなあって思えるような気がするのです。がんばれー友人。

投稿: シーラカンス | 2008年2月13日 (水) 23時11分

あむいさん、いらっしゃいませ。
あむいさんも帝王切開だったんですね。そっかー、手術室に眼鏡をもっていっておかないと見えませんね。コンタクトレンズはずしてしまうし。私、そういえば眼鏡の用意はしてませんでした。6週早い出産とは大変でしたね。あの頃のこと、いつまでも忘れられません。

シーラカンスさん、いらっしゃいませ。
そうそう、ほんと贅沢な思いなんですよ、こんなこと。でもね、テレビとかで「赤ん坊が生まれて初めて聞く声、それは母親の声」・・・なんて、わかったようなナレーションを聞くと、複雑な気持ちになったりするんです。おかげさまで、未熟児だった二人もごく普通の子供に成長してくれて、ありがたいです。ご友人、大変ですね。私からもエールを送りたいです。

投稿: komaru | 2008年2月14日 (木) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186463/40107086

この記事へのトラックバック一覧です: 心のこり:

« 女を磨く双子たち | トップページ | バレンタイン・プチ騒動 »