« 【双子ひろば】双子ってわざと違う職業を選ぶの? | トップページ | 子供の感性・親の感性 »

2007年1月22日 (月)

反抗期がある理由

双子20070122ルーク(ミニチュアシュナウザー・雄)を飼い始めて1週間ぐらいたった時、突然、ドッグフードを食べなくなってしまったことがあります。

身体がだるそうなど、他には変わったところがなく元気なのに、「ごはんよ」と言って、お皿にドッグフードを入れてやると、クンクンとにおってみて、顔をそむけるんです。

特に病気という様子ではなかったのですが、獣医さんに相談したところ、「それは『反抗期』ですね。飼い主を試しているんです。どこまでワガママが通用するか、好き嫌いのフリをして、飼い主の反応をみているんです。ここでうっかり『ドライフードは嫌いなのかな?お肉の缶詰に変えてみようかな』と思ってしまったら、飼い主の負けですよ」とのこと。

犬同士、ネットやクチコミで情報交換するわけでもないのに、こういうことって遺伝子的に組み込まれているんでしょうね。

結局、しばらくほっておいたら、すぐにいつものドライフードを食べ始めました。やっぱり試されていたんですね。

野良猫・風太でも、同じようなことがありました。やっぱり、いつものドライフードを拒否したんです。これまた、ほっておいたら、また食べ始めました。

犬猫と人間の子供を一緒にしたら怒られそうですが、人間の子供も親に対してある時期から「いや、いや」を連発しはじめますよね。これって私、親を試しているんじゃないかと思うんです。

叱っても叱っても次々に始めるいたずらもそう。どこまでやれば、どんな風に親が向かってくるのか、試しているように思えます。毎日毎日叱っても、懲りずに新しいいたずらを始めますものね。

その証拠に、子供が「いや」と言うと親の方はどうやってご飯を食べさせようか、どうやって外に連れ出そうか、あれこれ考え始めます。なだめたりすかしたり、頭ごなしに叱りつけたり、いろいろ行動しますよね。これって、とても深い親子のコミュニケーションだと思うのです。

かくいう私も、その渦中にいる時は「キーッ」となっていましたが、プチ反抗期が一段落すると、そう思えるようになりました。

お互い押したり引いたりしながら、親も子も、一緒に成長するのでしょうね。

言葉をきちんとしゃべれない幼児に限ったことではありません。思春期の子供のいわゆる「反抗期」も、DNAに仕組まれた親とのコミュニケーション段階なのかな、と思うのです。

実際にその時がきたら、ちゃんと向き合えるのか、ちょっぴり不安ではありますが、あれこれ親も悩んだり爆発したりしながら、コミュニケーションしていきたいと思っています。少なくとも拒否だけはしたくないなぁと思っている次第。

本当にできるかな・・・?>私

【Photo】叱られたくないけど、どうしてもやってしまうの、ごめんなさい(サーヤ)

|

« 【双子ひろば】双子ってわざと違う職業を選ぶの? | トップページ | 子供の感性・親の感性 »

コメント

そうです!犬も子どもも同じ時があるんです。

投稿: 友起 | 2007年1月22日 (月) 07時51分

犬や猫にも反抗期があるとは知りませんでした!

「そういうふうにできている」と心得ているだけでも、ずいぶん心の余裕が違ってくるとおもいます。「来た来た、成長してるんだな」って。

それでも、
>その渦中にいる時は「キーッ」
そうなんですよー。「力試し」だと頭ではわかってても、なかなか冷静には暮らせません…。

小学一年生あたりは大分平和ですけどね。

投稿: Jれいこ | 2007年1月22日 (月) 09時16分

お邪魔します。
動物にも反抗期ってあるんですね。
野生でもあるのかな?
その渦中にいる時は「キーッ」となっていましたが<私もそうです。一人目のときはそうでした。
チビは今2歳児の反抗期ですが、いつも間にか過ぎていきそうなくらい温かく見守れています。
二人に一度に反抗されるとキーーーッさ加減が倍増ですか?

投稿: さとちえ | 2007年1月22日 (月) 10時37分

うちのリタ&アズは反抗期するほど度胸がなかったんじゃないかと思います。麻彩と茶彩がしっかり面倒を見ていてくれていたので特に異常もなく過ごしています。

双子には防犯のために子供用の携帯電話を持たせています。麻彩が水色と白の柄で茶彩がピンクと白の柄です。旅行に出かけたときに作った小さいストラップの「まあやにんぎょう」と「さあやにんぎょう」をつけた女の子らしい可愛いケータイです。
先日のことです。茶彩の机の上からケータイをアズが落とそうとしていたのです。それに気づかず、おしゃべりしていた二人。ふと机の方を見てみると、もう落ち始めている・・・!そのことに気がついた二人は「あっ!」と叫び茶彩はすぐさま机の方へ!間に合うか・・・というところでしたがなんと茶彩はフローリングの上を滑ってキャッチ!「ものすごいファインプレーやったんやで!」と麻彩もびっくりしながらおしえてくれました。
柔道で鍛えた瞬発力が役に立ちました。

投稿: 雲野 | 2007年1月22日 (月) 18時31分

動物にも,反抗期があるんですね。
勉強になりました。
確かに,反抗期って親を試してるのかもですね。
俺も,親になったら気をつけなくちゃです。
俺の反抗期。。。覚えてないなぁ。。。
でも,中学生の頃,祖父とよく喧嘩した時期が
あったので,それが反抗期だったかもです。

投稿: ひろ | 2007年1月23日 (火) 01時23分

友起さん、いらっしゃいませ。
ありますよねー、犬と子供の共通点。本能に近い行動は、とても似ています。しかも犬の場合は、人間と比べて単純明快なので、子育てのヒントをよくもらうことがあります。

Jれいこさん、いらっしゃいませ。
頭でわかっていても、キーッてなりますよね。どうしてでしょう?親も人間だからかな?お互い、今度は本格的な反抗期を迎えると思うと憂鬱ですが、頑張って乗り越えましょうね。

さとちえさん、いらっしゃいませ。
おおおー、二人目育児はずいぶん楽と言いますが、本当なんですね。双子って不思議と一緒に反抗しないんですよ。一人がぐずりだしたら、もう一人は妙にいい子になって「○○はちゃんとご飯食べてるよ」などとあてつけがましく言います。一緒に反抗されたら、親の方はまいってしまうでしょうね。

雲野さん、いらっしゃいませ。
茶彩ちゃん・麻彩ちゃん、相変わらず素晴らしい運動神経ですね。ほんと、将来が楽しみです。ワンちゃんのお世話もちゃんとできて偉いです。いいお姉ちゃんですね。

ひろさん、いらっしゃいませ。
面白いでしょ?ペットの反抗期。彼らもやっぱり生きていますので、飼い主にいろいろな形でコミュニケーションを仕掛けてきます。時に意識的に、そして時には無意識に。反抗期って本人は覚えていないものかも知れませんね。それほど自然なものなのかも。あまり深刻にならず、でもちゃんと受け止めてやりたいな、と今から覚悟(?)を決めていますが、どうなることやら。

投稿: komaru | 2007年1月23日 (火) 06時05分

反抗期…
うちの双子は今4歳ですが、ちょっとまだそうみたいです。
上の子はそうでもないんですが、下の子の方が聞かないですね(;^_^A
ある時あれ?!と思いまして、一時期は上の子ばかり怒っていたのに今は下の子ばかり怒ってる…。あ~反抗期…(-。-;)
理解出来ても毎日怒ってます(笑)

先日TVで元日に怒るとその年一年怒りっぱなしの一年になると言っていて、見たのは3日だったので記憶を辿ってみると…
やっぱり怒ってました(^▽^;)
チビ達には今年一年もご愁傷様って感じです。
気が早いですが、来年の元日は怒らずに一日過そうと思いました。


投稿: よしみ | 2007年1月24日 (水) 01時11分

よしみさん、いらっしゃいませ。
おおー、まさに「渦中」ですか。キーッとなってますね。「理解出来ても毎日怒ってます」で正解だと思いますよ。それがコミュニケーションですから。うちもプチ反抗期は過ぎたものの、やっぱり毎日怒っています。(^^;)お互いまだまだ頑張らなくっちゃ、ですね。

投稿: komaru | 2007年1月24日 (水) 05時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186463/13612230

この記事へのトラックバック一覧です: 反抗期がある理由:

« 【双子ひろば】双子ってわざと違う職業を選ぶの? | トップページ | 子供の感性・親の感性 »