« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

ドッジボールの思い出

双子20070131最近、双子はお迎えの時だけでなく、幼稚園でしょっちゅうドッジボールをして遊んでいるようです。

「まーちゃんってすごいんだよー、ビューンってボール投げるの」

とサーヤが報告します。

「サーヤはね、逃げるのがうまいんだよ」

とマーヤ。二人ともドッジボールが得意なんだ。

二人からドッジボールの話を聞くたびに、私、ちょっぴり胸が痛むんです。

私が小学生の頃もドッジボールが流行ったことがありました。でも運動音痴だった私はドッジボールも苦手で、好きじゃなかったんです。

ボールを当てられるのもいやだったし、たまたまボールを受け止めることができても、へなちょこボールしか投げられない私。

休み時間にドッジボールが始まると、こっそり抜け出して、1人で本を読んだりしていたこともあります。

その時の気持ちを思いだして、もう何十年も前のことなのに、ちょっぴり胸が痛むのです。

ドッジボールが嫌だったという思い出ではなく、嫌なことから逃げようとしていた自分の気持ちが恥ずかしくなるんです。

そんな私に二人は似なくて、本当によかった。

でも、幼稚園児の間でも実はいろいろあったようですよ。

そのお話はまた明日・・・。

【Photo】みんなでドッジボールするの楽しいよ(マーヤ(左)サーヤ(右))

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月30日 (火)

学級崩壊・・・?

双子20070130「幼稚園で『学級崩壊』が起こってるで」

いつも双子を幼稚園に迎えに行く夫が、ある日、こう言いました。

え・え・えー?学級崩壊・・・?

「迎えに行くやろ、本当やったら年長は○○組で待ってなあかんのに、サーヤなんか園庭でドッジボールやってんねんで」

お迎えの時間、教室で先生方が絵本を読んでくださっているのに、何人かは園庭で遊んでいるんですって。

最近、なわとびにもはまっている双子ですが、幼稚園ではドッジボールにもはまっているようです。しょっちゅう、お友達と一緒に遊んでいるとか。

このごろ急に運動系の遊びをするようになりました。以前は園庭でも、砂遊びとか「家族ごっこ」とかをして遊んでたみたいなのに。

身体がぐーんと大きくなる時期なのかも知れませんね。

寒い冬でも元気で外遊び。「子供は風の子元気な子」で嬉しい限り。

でも、「学級崩壊」はいかんよ。

【Photo】だって、お部屋で待ってるの退屈なんだもーん(最近おてんばサーヤ@九州のおじいちゃん宅で、ほっぺにつけているのは絹さや)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

オレオレウサギ

双子20070129このあいだ、双子を幼稚園に連れていく道すがら、マーヤがこんなことを言ってきました。

「ママー、昨日テレビのニュースで『オレオレウサギ』のことやってた」

オレオレウサギ・・・ですか?

「『オレオレウサギ』のことって、どんなニュース」

大体、展開はみえていましたが、きいてみる私。

「あのね、男の犯人がね、お年寄りに電話をかけてね『オレオレ』って言ってね、100万円とかのお金を振り込ませてね・・・それでね・・・えっとぉ・・・殺しちゃうの」

読めてましたが、『おれおれ詐欺』でしたか。

でも、最後は殺さないよ。

物騒な事件が多い中、今の子供は事件=殺害のようです。

ちょっと吹き出しそうになりましたが、笑えない話・・・かな?

【Photo】「『オレオレウサギ』に気をつけよう」ってポスター書いておこうっと(マーヤ@おばあちゃん宅で)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

【双子ひろば】双子ブログ大募集!

双子20070126今週も【双子ひろば】の時間です。

ココログにお引っ越しした、この「双子日記」にも、やっと「双子リンク集」をもうけました。左のメニューをずずーっと下まで見てください。

そこで今週のテーマは

「双子ブログ大募集!」

双子ブログを書いていらっしゃる方、コメント欄のURL記入欄に必ずご記入をいただき、ご自身のブログをご紹介ください。リンク集に追加させていただきまーす。

できれば、相互リンクしていただけると嬉しいな。

以前にお知らせいただいた方も、管理が悪くてごめんなさい、またあらためてお知らせいただけませんか?

以前インフォシークで運営していた「双子日記」から、ハハごっちさん、3996さん、あらママさん、しのぶさんのブログ・HPリンクを引っ越してきました。そして新たにねんじーさんのブログを追加させていただいてます。ねんじーさん、よかったかしらん?

双子ブログをいーっぱいご紹介できることを楽しみにしています。

【Photo】みなさんのブログ情報、待ってまーす(マーヤ、サーヤ)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

かっこいいって言わないで

双子20070125双子が自分たちで選んだ服のコーディネートがばっちりだった時とか、鉄棒ができた時とか、ほめ言葉のつもりで

「まーちゃん、かっこいい!」

とうっかり言ってしまうのですが、そんな時、必ずマーヤから

「かっこいいって言わないで!可愛いって言って!」

とクニャクニャしながら言われてしまいます。

こういうのを「色気づいてきた」と言うのでしょうか?サーヤは特に反論しないんだけど。

そのうちに、かっこいい生き方にも憧れるようになるんだよ。

【Photo】かっこいいって、男の子みたいだからいやなの(マーヤ)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

双子の仕事

双子20070124双子のケンカには口を出さないようにしているんです。だって馬鹿を見るから。

激しいケンカになっても、すぐにケロッと忘れて仲良く一緒に遊び始めるんですもの。仲裁した方は「なんやってん?」と馬鹿を見ることになるんです。

でも、このあいだの日曜日は朝から二人とも虫の居所が悪かったのか、はたまた眠かったのか、何かというとお互いつっかかって、ケンカばかりしていました。

あんまりうるさいので、「もう、ケンカばっかりしなさんな」ときつく叱ったところ、サーヤにこう言い返されてしまったんですよ。

「ケンカは双子の仕事なの!ママは双子じゃないからわからへん!」

ガーン・・・

ケンカは仕事やったんや・・・

悪いけど、双子じゃないからわかりません。

【Photo】「仕事してるんだからほっといて!」(サーヤ)「右に同じ〜」(マーヤ)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年1月23日 (火)

子供の感性・親の感性

双子200701231以前、←こんなキティーちゃんのメモパッドをいただいたので、双子が大きくなるまで、と取っていました。

それが先日、部屋の片づけをしていたら出てきたので、「お友達へのお手紙書くのに使ったら」と二人にプレゼント。

早速、マーヤが何やら熱心に書いています。

誰にお手紙書いているのかなぁ・・・と思いながらのぞいてみると、キティーちゃんのイラストが描かれている方を裏にして、裏面の白い方に絵を描いているんです。

「まーちゃん、せっかくキティーちゃんの絵が描いてあるんだから、そっちを使ってお手紙書いたら」と私が忠告すると、「いいやん、写真にしてるんやもん」とマーヤ。

どうやらメモのサイズがLサイズの写真を想像させた様子です。

で、マーヤが描いたのがこれ。自画像だそうです。

双子200701232

こちらは「動物がいっぱい遊んでいるところ」

双子200701233

そしてこちらは「マーヤが犬と遊んでいるところ」

双子200701234

お気づきでしょうか?「写真」の上にサランラップをかぶせ、色画用紙で台紙をつけて、「写真立て」風に仕上げているんです。

ちゃんと立つように、裏にはこんな工夫が。↓

双子200701235

ほほー、面白いことするじゃないの。

でも・・・こんなことに使うなら、白いメモでもいいじゃん・・・と思うのは大人の感性?

ちょっと納得いかないけれど、子供の感性も大切にしなければ、と自分を納得させているハハでございます。(でも、やっぱりもったいない)

【Photo】ずっと「写真」ごっこに使われるのかと心配しましたが、ちゃんと後から、お友達へのお手紙用にも使われていたキティーちゃんのメモパッド

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月22日 (月)

反抗期がある理由

双子20070122ルーク(ミニチュアシュナウザー・雄)を飼い始めて1週間ぐらいたった時、突然、ドッグフードを食べなくなってしまったことがあります。

身体がだるそうなど、他には変わったところがなく元気なのに、「ごはんよ」と言って、お皿にドッグフードを入れてやると、クンクンとにおってみて、顔をそむけるんです。

特に病気という様子ではなかったのですが、獣医さんに相談したところ、「それは『反抗期』ですね。飼い主を試しているんです。どこまでワガママが通用するか、好き嫌いのフリをして、飼い主の反応をみているんです。ここでうっかり『ドライフードは嫌いなのかな?お肉の缶詰に変えてみようかな』と思ってしまったら、飼い主の負けですよ」とのこと。

犬同士、ネットやクチコミで情報交換するわけでもないのに、こういうことって遺伝子的に組み込まれているんでしょうね。

結局、しばらくほっておいたら、すぐにいつものドライフードを食べ始めました。やっぱり試されていたんですね。

野良猫・風太でも、同じようなことがありました。やっぱり、いつものドライフードを拒否したんです。これまた、ほっておいたら、また食べ始めました。

犬猫と人間の子供を一緒にしたら怒られそうですが、人間の子供も親に対してある時期から「いや、いや」を連発しはじめますよね。これって私、親を試しているんじゃないかと思うんです。

叱っても叱っても次々に始めるいたずらもそう。どこまでやれば、どんな風に親が向かってくるのか、試しているように思えます。毎日毎日叱っても、懲りずに新しいいたずらを始めますものね。

その証拠に、子供が「いや」と言うと親の方はどうやってご飯を食べさせようか、どうやって外に連れ出そうか、あれこれ考え始めます。なだめたりすかしたり、頭ごなしに叱りつけたり、いろいろ行動しますよね。これって、とても深い親子のコミュニケーションだと思うのです。

かくいう私も、その渦中にいる時は「キーッ」となっていましたが、プチ反抗期が一段落すると、そう思えるようになりました。

お互い押したり引いたりしながら、親も子も、一緒に成長するのでしょうね。

言葉をきちんとしゃべれない幼児に限ったことではありません。思春期の子供のいわゆる「反抗期」も、DNAに仕組まれた親とのコミュニケーション段階なのかな、と思うのです。

実際にその時がきたら、ちゃんと向き合えるのか、ちょっぴり不安ではありますが、あれこれ親も悩んだり爆発したりしながら、コミュニケーションしていきたいと思っています。少なくとも拒否だけはしたくないなぁと思っている次第。

本当にできるかな・・・?>私

【Photo】叱られたくないけど、どうしてもやってしまうの、ごめんなさい(サーヤ)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

【双子ひろば】双子ってわざと違う職業を選ぶの?

双子20070119先週はうっかり失念してしまいましたが、今週は開催いたしますよー、【双子ひろば】。

大人になってからの話ですが、友人・知人から「実は私も双子なんです」と言われてビックリすることがあります。

小さい頃は一緒に並んで歩いていたり、遊んでいたり、同じ学校に通っていたりすることが多いので、「あらっ、双子ちゃん」とわかるんですけど、大人になると、なかなか二人そろっている所に遭遇しませんものね。

学校もいつのまにか進路が分かれてしまいますよね。そして就職も。

時々、双子のスポーツ選手などが話題になりますが、たいてい違う職業を選んでいるように思えるのですが・・・。実際はどうなんでしょう?

ということで、今週のお題は

「双子ってわざと違う職業を選ぶの?」

双子の皆さん、私の疑問に答えてください。

・進路が分かれたのはいつ?
・それはどうして?
・同じ仕事につこうと思ったことはない?

などなど、いろいろ教えてくださいね。

我が家の双子はどうなることやら・・・。まだまだ先のことだけど、気になるなぁ。

【Photo】サーヤは大きくなったら、漫画家になりたいのよ(サーヤ)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

サリーちゃんへ、マリより

双子20070118昨日の朝は家族そろって早起きしました。そして、震災が起こった時刻に黙祷。

あれから12年・・・。

今でもあの時のことは、はっきりと思い出せます。
早いようにも思えるし、12年前と今を比べてみると、私生活含めて、いろんなことが大きく変わりました。そう考えると、時間は確実に過ぎていったのだなぁと思います。

被災者の皆さまのご冥福をあらためてお祈りいたします。

震災当時、独身で一人暮らしだった私ですが、今では結婚し双子が生まれ、この春には小学生になります。

その双子、最近、こんな名前でお互い呼び合って遊んでいます。

双子200701181

マーヤがサーヤに書いた手紙です。

宛名は・・・

双子200701182

以前は「ひかり・もも」と「ひかり・あかね」だったんですけどね。

手紙の内容はというと・・・

「いつもいっしょにあそんでくれてありがとう」

手紙に書くほどのことだろうかと思うのはハハばかりなり?

【Photo】「ねえ、マリ」(左・サーヤ)「なぁに、サリー」(右・マーヤ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月16日 (火)

冬休みの目標

双子20070116先週は私、おおぼけしてしまいました。

金曜日の朝、てっきり「今日は木曜日」と勘違いして、【双子ひろば】を開催するのを忘れてしまったんです。月曜日が祝日で、火曜日から出勤したので、勘が狂ったんでしょうね。それにしても・・・。

【双子ひろば】を楽しみにしてくださっていた方、本当にごめんなさい。今週は必ず!

それから・・・日曜日の夜に謎の発熱をしてしまったんです、私。で、昨日の朝は起きることができず、更新をさぼってしまいました。これまたごめんなさい。

冒頭からおわびばかりですが、今日は冬休みの振り返りを。

冬休みに入る前、幼稚園から生活カレンダーが渡されました。

冬休みの目標を立て、毎日の起床時間・就寝時間や朝ご飯のメニュー、その日の天気やできごとなどを書き込み、目標を達成できたかどうか○×で記入するようになっています。

双子が立てた目標はそれぞれ次のとおり

サーヤ「ペットのおせわをする」「おかたづけをする」

マーヤ「ぴあののれんしゅうをする」「おさらふきのてつだいをする」

冬休みが終わり、カレンダーを幼稚園に提出したのですが、サーヤの目標達成欄は全て○、マーヤは半分ほど○でした。

これは明らかに目標設定時に差がついていたんですよね。

よく見てみると、サーヤの目標はとても漠然としているんです。ペットと遊んでやっただけでも「お世話をした」ことになりますし、お人形を一個、おもちゃ箱に片づけただけでも、「おかたづけ」したことになるんです。

マーヤの目標達成は、その気にならないと大変です。しかも、おじいちゃんの家に帰省していた年末年始はどうしてもペースが乱れがち。食事の後かたづけも母(おばあちゃん)と私がさっさとやってしまい、マーヤに手伝わせることを親の方も忘れてました。(ごめんよ、マーヤ)

そういえば、前年もサーヤの冬休みの目標は絶妙でした。

「しらないおじちゃんについていかない」

結果として、サーヤは前回も目標達成率100%だったのです。もっとも一度でも目標達成できなかったら大変でしたが・・・(^^;)

これからもマーヤは真面目に目標設定を考え、達成に向かって努力し、サーヤはたくみな目標設定をして、なんなく達成するのでしょうか・・・。

まだまだ先のことはわかりませんけどね。

【Photo】こんなペットのお世話もしたのよ(サーヤ@本当はスポーツ店に飾ってあったクマの人形とツーショット)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

なわとび代表

双子20070112「ママー、サーヤたち『なわとび代表』になったんだよー」

帰宅するなり、サーヤが私に抱きつき、そう教えてくれました。

「えええ〜?何〜?『なわとび代表』???」と私。

「今日、体操教室でね、前とびと後ろとびとXとびができたの、サーヤとマーヤだけだったの。でね、先生が『なわとび代表だ』って言ったの」

ほほー、そうでしたか。それはすごい。

双子は年中さんになった時から幼稚園で週一回開催されている体操教室に通っています。

実は私が極度の運動音痴でして、小さい頃はとーっても大きなコンプレックスを持っていたんです。なので双子には少しでも運動が得意・・・というか好きになってもらいたい、と体操教室に通わせているのですが、毎週、体操教室の日はとても嬉しそうです。

で、最近はなわとびをやっているんでしょうね。体操教室でも。

なわとびは幼稚園でも遊んでいるらしく、「郵便屋さん、おはいんなさい」などみんなでやる遊びもやっているようです。

去年までは、なわとびにそれほど興味がなかった二人ですが、この冬はマンションの庭や屋上でもよく遊んでいます。年末年始に九州に帰省した際もなわとび持参で、おばあちゃん宅の庭はもちろん、行き帰りの高速道路のサービスエリアでもとんでいました。

「みんなサーヤたちが後ろとびするのみて、目を丸くしてたよ」とサーヤ。

「よかったねー、本当によかったねー。ママの子とは思えないよ。ママ、運動があんまり上手じゃなかったから、なわとびもあんまり上手にできなかったもん。すごいねー」

「できないと思ったら、できないんだよ、ママ」とマーヤ。・・・確かに(^^;)

「サーヤとマーヤはパパの子やもんなー」と横から夫。

夫は私と大違いでスポーツマンなのです。

二重まぶたは遺伝しなかったけど、運動能力は夫から遺伝してくれてよかった、よかった。

これからも、いっぱい遊んで、いっぱい運動して、元気な女の子になってね。

【Photo】九州からの帰り道、関門大橋の前でもなわとびを持って記念撮影(左からマーヤ・サーヤ・スポーツマンの父)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月11日 (木)

おしゃべり風太

双子20070111うちの家族はよくしゃべります。私と夫も喫茶店なんかに入ると、ずーっとしゃべってますし、双子もしょっちゅうなんだかんだとしゃべっています。

人間がよくしゃべるとペットまでおしゃべりになるのでしょうか。長男・ルーク(ミニチュアシュナウザー・雄7歳)もほえることはあまりないのですが、私たちに言いたいことがあると「うぐぐぐぐ」とじっと目を見て何かしゃべりかけてきます。「おかあさん、おとうさんがボクが悪くないのに、おこった」とかね。(ちなみに彼は寝言も言います)

昨年8月に我が家にやってきた次男・風太(雑種猫・雄0歳)も最初はとても無口なヤツでしたが、最近よくしゃべるようになりました。

私が会社から帰宅して「風太、ただいま」と言うと「ニャァ」と言います。

ドアを開けて欲しい時や、屋上へのはしごにのぼっておりてくるのがこわい時なんかも「ニャアニャア」とないて、人間を呼びます。

このあいだなんかね、「ママー」って言ったんですよ。

私たちが寝室で寝ていて、寝室のドアをあけて欲しかったようで、ドアの向こうから「ミャァミャァ」とないていたのですが、そのうちに「ミャミャー、ミャミャー」となきはじめ、その声がまるで「ママー、ママー」って呼んでいるように聞こえたんです。

「はいはい」ととんで行きましたよ、私。(バカな親(^^;))

でもね、何を言ってるのかわからない時もあるんです。このあいだ、「さぁ、もう寝るよ」と風太を連れて寝室に行き、私たちのベッドの奥においている風太の寝床(双子が段ボールにクッションを入れ、フリースをしいて作ったもの)のそばにおろし、「ねんねしなさい」と言って私もベッドに入ったんですけど、しばらくゴソゴソしていて、それから私のベッドの上にやってきて「ママー、ママー」って言うんです。(「ママー」とは言ってないって?)

「このベッドで寝ちゃだめ。自分のベッドで寝なさい」と言って追い出したところ、またまたゴソゴソして、最後はルークの寝床に入って寝てしまいました。(ルークが一瞬、「う〜」とうなったので、多分そう)

翌日、気がついたんですけど、風太のベッドの入り口が壁の方に向いていて、入れなかったんです。

「ママー、ボクのベッドに入れないー」と言いにきたんでしょうけど、わかりませんよね。

犬も猫も人間の言葉をずいぶん理解するようになったというのに、私の方はまだまだです。

【Photo】風太は一緒にテレビも観るのよ(左からマーヤ・風太・サーヤ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

雪の日の朝

双子20070110このあいだの3連休は大荒れの天気で大変でしたね。特に北海道では被害も出ているとか。皆さんのところは大丈夫でしたか?

私たちが住んでいるところも、土曜日の夜から台風のような風が吹き荒れ、日曜日の朝は冷え込んだのか、雪が降ってきました。

その日は子供たちの声で目が覚めましたよ。

マーヤ「さーちゃん、お着替えしないと寒いよ」

マーヤ「サーヤ、スカートじゃ寒いって」
サーヤ「この下にこれ着たらいいやん」

サーヤ「わぁ、まーちゃん可愛い」
マーヤ「サーヤは変なカッコウ」
サーヤ「いいやん、お出かけと違うんやから」

どうやら雪遊びをしに二人でこっそり出かけるようです。私はすっかり目が覚めていましたが、わざと狸寝入りを決め込みました。

マーヤ「長靴もってこよう」
サーヤ「あっ、いいねぇ」

サーヤ「カイロも持っていこうよぉ」
マーヤ「わかった、パパの部屋にあるよ」

マーヤ「あれぇ、ないねー」
サーヤ「これ違うん?」
マーヤ「これは服に貼るやつやん」
サーヤ「まーちゃん、何さがしてんの?」
マーヤ「コアラの絵がついたカイロ」

ガサゴソ、ガサゴソ・・・

サーヤ「ママにきいてみる?」
マーヤ「お外行ったらダメって言われるかも」
サーヤ「雪を見にいくからって言ったらいいやん」
マーヤ「う・・・ん・・・」

トコトコトコ・・・来ました来ました

マーヤ「ママー、コアラのカイロどこやった?」
サーヤ「サーヤたち、雪見にいくんだけど」

起きあがってみると、まぁ二人ともバッチリ防寒体制です。サーヤはスカートの下にパジャマのズボンをはいています。

「コアラのカイロはもうないから、お洋服に貼るカイロを持っていったら?」
マーヤ「わかった」
サーヤ「じゃぁねぇ」

その後、二人はベランダに出てキャアキャア遊んでいました。寒くないのか・・・。

積もるほどではありませんでしたが、関西で見る久しぶりの雪に子供たちは大興奮。生まれて初めて雪を見た子猫の風太も双子と一緒に外に出て、じーっと外を眺めていましたよ。

いつの時代も雪は子供を興奮させるものですね。

【Photo】おじいちゃんちから帰る途中にも雪がいっぱい積もってたよ、雪だるま作って遊んだの(マーヤ@中国道のSAにて)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

食べたやんかー

双子20070109長距離ドライブで九州から関西に戻ってきた日は、日中ほとんど高速道路の上で、お昼ご飯も晩ご飯もサービスエリアで食べました。

晩ご飯はちょっと早めだったのですが、17時頃に食べさせたのです。このタイミングをはずすと、渋滞に巻き込まれ、遅くなってしまいそうだったので・・・。

相変わらず、食事時間が長い双子たち。親はさっさと食べ終わり、夫がトイレに立った際に、こんな「打ち合わせ」をしました。

「こんなに早く晩ご飯を食べたら、あとからまーちゃん食べたこと忘れて『晩ご飯は?』ってきくんじゃない?」
マーヤ「マーヤ、忘れたりしないよー」
「忘れてなくても、あとでパパの前で『晩ご飯は?』ってきいてみて。そしたらさーちゃんが『食べたやんかー』って言うってのはどーお?」
サーヤ・マーヤ「いいよー!」
サーヤ「じゃぁ、車に戻ったら、折り紙で『お笑い』の作らなくっちゃ」

『お笑い』というのは『はりせん』のことです。いいよ、そこまで(^^;)

ママ「じゃぁ、一度、練習してみよう」
マーヤ「ねぇママー、晩ご飯は?」
サーヤ「食べたやんかー」

リハーサルはばっちりです。

そんな打ち合わせをしていることを知らない夫が戻ってきて、みんなで車に戻りました。そしてまた高速道路をひた走り。

約2時間後、やはり渋滞に巻き込まれましたが、もう我が家の生活圏内です。

すると突然マーヤが・・・

マーヤ「ねーママー、晩ご飯は?」
サーヤ「食べたやんかー」

よしよし、打ち合わせ通りです。横を見ると苦笑しながら運転する夫。

そしたらね、もう一言あったんです。

マーヤ「あっ、マーヤ、本当に晩ご飯食べたこと忘れてた」

(--;)マジでしたか・・・。

【Photo】お昼ご飯の時にパズルもらったの(サーヤ@関門海峡をバックに)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

【双子ひろば】双子の車中遊びを教えてください

双子20070105
我が家の帰省は毎回、マイカー帰省です。

ルークがいるので車の方が断然便利。ただし、関西から九州まで、長距離ドライブゆえドライバーの夫は大変ですが・・・。

双子が赤ん坊の頃は寝ているうちに、と夜中に走ったりしていましたが、最近は朝出発し、休憩を3〜4回取り、夜までに着くというパターンです。

車中では、夫が運転、私が助手席、双子が後部座席、ルークがその後ろの荷物室に座ります。(彼はほとんど寝てますが)

最近、双子は自分たちでおもちゃや絵本などをバッグに詰め、車内に持ち込み遊ぶようになりました。それでも、退屈してくると、親子でしりとりをやったり、クイズをしたりして間を持たせます。

今回はちょっと面白い遊びをしましたよ。

「私はだあれゲーム」です。

1人が「私はうさぎ」とか「私はりんご」とか心の中で決めます。

他の人は「あなたは生き物ですか?」「あなたは食べられるものですか?」などと質問をし、「はい」か「いいえ」で答えてもらいます。

「あなたの身体は大きいですか?」「あなたは海の中にいますか?」などと条件をせばめていき、最後に「あなたはうさぎですね」と当てたら終わり、というゲームなのですが、もうこんなゲームもちゃんとできるようになったんです。

「あなたは恐竜がいた時代にいましたか?」など双子が意外な質問をしたり、「は虫類ですか?」と質問すると「ハチュウルイって何?」と逆に質問されたり、双子のヒントが絶妙だったりして、大笑いすることも多々ありました。

帰り道にマーヤが思いついたゲームは「みんなが知っている歌ゲーム」。

家族みんなが知っている童謡を1番ずつ順番に歌うゲームです。ゲームというのかどうか・・・ですが、えっ、そんな歌も歌えるようになったんだ、たくさん歌も覚えたなぁと親の方は興味深く聴いていました。

私と双子の3人でやったのですが、10週近くまわると、サーヤがネタ切れしたのか「ねぇ、他の人が歌った歌の2番やったらあかん?」ときいてきて、かわいいなぁと思いました。

私が『めだかの学校』を歌うと、双子から「その歌知らない」と言われ、ちょっぴりショックでしたが。(^^;)

・・・ということで、今週の【双子ひろば】のお題は

「双子の車中遊びを教えてください」

です。

双子に限らず、兄弟・親子で遊べるゲームや遊びを教えてください。次の帰省の参考にさせていただきまーす!

【Photo】車の中で絵本を読むと気持ち悪くなるのよ((右)マーヤ)読んでるやんかー((左)サーヤ)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

明けましておめでとうございます

双子20070104
みなさま、明けましておめでとうございます。
年末年始、更新を休んでしまいましたが、今日からまた双子の日常を綴ってまいりますので、どうぞよろしくお願いします。

お正月はいかがお過ごしでしたか?
我が家は1年半ぶりに、九州の実家に帰省しました。(去年は夫のケガで断念)

実家では、ちゃんとお節料理を作り(私はお重に詰めただけですが(^^;))、元旦の朝はちゃんとした服装に着替え、お座敷で新年の挨拶をして、子供たちはお年玉をもらい、その後、家族そろってお屠蘇とお節料理をいただきます。

我が家(実家)のお雑煮は博多風。アゴのだしのおすましに、カツオ菜、お餅、かまぼこなどを入れます。(本当はブリを入れるそうですが、両親があまり好きではないので省略)

ちょっと遅めの朝食兼昼食のあとで、百人一首や坊主めくりなどを楽しみます。

こんな普通のお正月の風景ですが、マンションではなかなかできないんですよね。元旦の朝の、ちょっと冷たい空気ながら柔らかい日差し、そしてちょっとはりつめた雰囲気が私は大好きです。

サーヤもマーヤもワンピースを着て、元旦の朝を過ごしました。

おじいちゃんからお年玉をもらい、マーヤが満面の笑顔でこう言いました。

「やったー!紙のお金!マーヤ嬉しい!」

これまでも毎年、お年玉をもらっているのですが、やっと今年から価値がわかってきたのかな?

お年玉袋を胸に抱いてさらに続けます。

「マーヤ、絶対に使わないでとっておくの。戦争になった時に使えるようにずっととっておくのよ」

戦争になったら、貨幣価値は変わりますから(^^;)

わかっているような、わかっていないような・・・。でも、マーヤの嬉しい気持ちは親の方も嬉しいものです。

今年はいよいよ小学生というものの、まだまだこんな双子ですが、1年間でどのように成長していくのか楽しみです。

皆さんの一年も平和で楽しく輝かしい一年となりますように!

【Photo】おうちに帰る途中、マーヤとルークと雪で遊んだのよ(サーヤ)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »