« パパっ子、ママっ子 | トップページ | お盆の夜に・・・ »

2006年11月29日 (水)

ルークが我が家にやってきた理由

この日記でも時々紹介させていただいてますが、我が家には7歳になるミニチュアシュナウザーがいます。名前はルーク。

私たち夫婦は7年ほどのつきあいを経て、「もうそろそろ子供が欲しい!」と切望して結婚しました。結婚したら子供ってすぐにできるもんだと思ってたんです。

そんなもんじゃないんですよね。欲しいと思うと、なかなかできない。結婚してから1年ほどたつと、あれこれ悩むようになりました。生理がくるたびに、ため息をついて・・・。晩婚夫婦でしたから、子供はできても一人が限界かも。その一人も難しいかも・・・ほんと、あれこれ悩みました。今ふりかえると、ちょっとノイローゼ気味だったかも知れません、私。

子供ができなくても、せめて二人で愛情を注ぐものが欲しい。二人ともそんな気持ちになってきました。そして夫が提案したのが「犬を飼おうか」。ノイローゼ気味の私を見かねての言葉だったのかも知れません。

私はそれまでペットを飼ったことがなかったので、かなりとまどいましたが、二人であれこれ考えて、結局飼うことに。

そして、やってきたのがルークです。生後2ヶ月の赤ちゃん犬でした。私たち夫婦はまさに子供のように可愛がりましたよ。

ルークがやってきたのは11月。高齢の両親が「もう子供はあきらめたのかしら」と心配するといけないので、「犬を飼うと子供ができるって言うじゃない」と言っていたら・・・なんと、年明けすぐに妊娠したのです。しかも思いがけなく双子でした。もうビックリ。

多産系の犬は安産の守りとも言いますが、まさか本当に双子を妊娠するとは・・・。

こんな経緯がありましたので、私も夫も、ルークが双子を連れてきたと信じています。

ルークがまだ0歳の頃に妊娠→入院→出産・・・となりましたので、留守番でさびしい思いをさせたり、まだまだ甘えたい年頃なのに、双子育児でなかなかかまってやれなかったり、双子にやきもちをやいて、わざといたずらしたり・・・しばらくはいろいろありましたが、すぐに双子のいいお兄ちゃんになってくれましたよ。

なんで今頃ルークの話をするかというと、実は皆さんにご報告したいことがもう一つあるからなんです。それはまた明日・・・。

■ルークに関する日記はこちら

→ http://futagonikki.web.infoseek.co.jp/blog/archives/cat_eeiue.html

|

« パパっ子、ママっ子 | トップページ | お盆の夜に・・・ »

コメント

うちの実家にもミニチュアシュナウザーがいます。
今13歳、かなり高齢です。
名前はキートン
男の子です。

続きがとても気になります・・・

投稿: まっしゅ | 2006年11月29日 (水) 14時55分

まっしゅさん、いらっしゃいませ。
おおっ、同じくミニチュアシュナウザーを飼っていらっしゃるんですか、ご実家で。小さい頃は落ち着きのないワンちゃんだったでしょ?散歩していてもすぐわかる犬種ですよね。たいていのシュナちゃんは飼い主をひっぱって歩いています。さてさて続きは・・・。

投稿: komaru | 2006年11月30日 (木) 05時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186463/12863849

この記事へのトラックバック一覧です: ルークが我が家にやってきた理由:

« パパっ子、ママっ子 | トップページ | お盆の夜に・・・ »