« 今度はおたふく | トップページ | 【双子ひろば】双子の名前、どうやって考えました? »

2006年4月 6日 (木)

マジシャン双子

20060406 先週の土曜日、夫がサーヤを病院に連れて行っている間、私とマーヤは近所の図書館に行き、絵本をどっさり借りてきました。

マーヤが選んだ絵本の中に『てじなでだましっこ』(かがくのとも傑作集、福音館書店) という絵本がありました。マンガ形式で、簡単な手品の方法が紹介されています。

手品は全部で6種類、マーブルチョコの空き箱、折り紙、トランプ、輪ゴム、ハンカチ、ひもと5円玉をそれぞれ使ったもので、身近な材料ばかりで、すぐにやってみることができました。

「4才から楽しめます」と裏表紙に書かれているのですが、5歳半の双子にやらせてみると、それなりにちゃんとできましたよ。

手品って仕掛けも大事ですが、それ以上に「演技力」が重要なんですよね。手元に仕掛けがあるのを悟られないよう、ハンカチの先に注目を集めるよう言葉と演技で誘導したり・・・。そんなコツも教えてやると、「ここに見えない糸を結びますよー、よく見ていてくださいよー」と2人それぞれ自分の言葉で工夫をしていました。 そして2人とも練習に励んでいました。

今週の火曜日には、おばあちゃんのおうちに遊びに行く予定だったのです。前日からお人形やスケッチブック、そしてこの手品の絵本と手品の小道具をリュックに詰めて「おばあちゃんに手品見せるの〜」「おばあちゃんビックリするよ」とワクワクの2人。

でも・・・当日の朝、サーヤの「おたふく風邪」が発症し、おばあちゃん宅訪問はキャンセルに・・・。肩を落とす2人。

サーヤが治ったら、またみんなで行こうね。

P.S.「双子日記」を読み返してみると、ほんの一年前にはこんな手品をやっていました。「本当の手品ができるようになるのは、あと何年後か・・・」と思っていましたが、1年でできるようになるなんて・・・。子供の成長は早いものです。

【Photo】私はマジシャン・マーヤよ(雑貨屋さんでサングラスを試着してみたマーヤ)

|

« 今度はおたふく | トップページ | 【双子ひろば】双子の名前、どうやって考えました? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186463/40564581

この記事へのトラックバック一覧です: マジシャン双子:

« 今度はおたふく | トップページ | 【双子ひろば】双子の名前、どうやって考えました? »