« 雛飾りの変遷 | トップページ | まーちゃんは大きかった »

2006年2月21日 (火)

ただいま、おひなさま

20060221日曜日にお雛様を飾って以来、サーヤとマーヤはとても気に入ったみたいで、お雛様の前にじーっと座って、あれこれ眺めたり、「おひなさま〜、あのね」とあれこれしゃべりかけたりしています。

月曜日も幼稚園から帰ると、いきなり玄関で「おひなさま、ただいま〜」と2人そろって言ったそうです。そして、制服を着たまま、お雛様の前に座って、あれこれ眺めていたとか。

2人の目には3段の雛飾りがどんな風にうつっているのでしょうね。

私が子供の頃、我が家のお雛様は叔母(父の姉)のお雛様を譲ってもらったもので、それはそれは古いお雛様でした。着物も色あせていて地味なものでした。それでも、私は自分たちのお雛様が大好きで、飾ってもらうのをとても楽しみにしていたことを思い出します。古いことが、かえって由緒あることのように思えて、気に入っていました。

ただ、友達のうちに飾られている「7段飾り」の豪華なお雛様にも憧れていて、うちの双子にはどうしても談飾りのお雛様が欲しかったのです。狭いマンションなので「7段飾り」はあきらめて「3段飾り」を買ってもらったのですけどね。

マンションのリビングでも、お雛様を飾ると、その空間だけ「凛」とした空気に変わります。そしてお雛様たちが、子供たちのことを穏やかな目で見ていてくださっているような気がします。

syukoさんが、昨日のコメントで「お雛様で人形遊びしてもいいんですよ、と言われました」と書かれていましたが、子供の頃、お雛様のお道具や着物に触りたかったことを思い出します。

高価な物なので、つい「触っちゃダメ!」と言ってしまいますが、2人のお人形なのだから、「お着物だけ、そぉーっと触ってもいいよ」と言ってやろうかな。

【Photo】マーヤのおうちには素敵なお雛様があるのよ(マーヤ)

|

« 雛飾りの変遷 | トップページ | まーちゃんは大きかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186463/40574028

この記事へのトラックバック一覧です: ただいま、おひなさま:

« 雛飾りの変遷 | トップページ | まーちゃんは大きかった »