« 双子のリカちゃん | トップページ | 5歳のいいまつがい »

2005年9月 9日 (金)

9月の怪談

20050909その夜は風が強い夜でした。

いつもは宵っ張りの夫が私よりも先に寝てしまい、私は夜中の1時頃、双子が寝ているベッドに入りました。

風のせいで、リビングのブラインドがガタガタと音をたてています。なんだか寝付けなくて、じっと耳をすませていると、小さな小さな音ですが、どこかで「ピー」という音がしています。

なんだろう・・・。

ベッドの中でぼんやりと考えていると、突然、玄関の照明がつきました。

玄関の照明はセンサーライトで、人が通るとつくようになっています。でも、家族はみんな寝ているのに・・・。

ドキドキしながらベッドの上で起きあがる私。

しばらくすると、照明は消え、そしてまた・・・ついたのです。

センサーの故障かなぁ・・・と思いつつも、一人で見に行くのがこわかったので、そのまま眠ることに。

フフフフ・・・

ベッドに横になっていると、今度はどこからか、子供の小さな笑い声が聞こえてきました。キャァー!!!

・・・と一瞬、身体を固くしてしまったのですが、それはマーヤの寝言でした。なーんだ。でも、こわかったぞー。

翌朝、夫に聞いてみると、玄関の照明はやっぱりセンサーがおかしくなってきているそうです。「ピー」という音は、ベランダの蛇口を止め忘れていて、ホースから水が少しずつもれている音でした。

あー、こわかった。

あのシチュエーションで、マーヤの笑い声・・・最高にこわかったです。お化けかと思っちゃいました。我が子なのに変ですね。

結局、その晩はあまり眠れなかった私です。

【Photo】ママ、お化けってこんな顔してた?(マーヤ仮面)

|

« 双子のリカちゃん | トップページ | 5歳のいいまつがい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186463/40591240

この記事へのトラックバック一覧です: 9月の怪談:

« 双子のリカちゃん | トップページ | 5歳のいいまつがい »