« だからパパが好き | トップページ | サーヤの意外な才能(?) »

2005年9月27日 (火)

謎の流血事件

20050927朝5時前後になると、長男ルークが私と双子が寝ているベッドに跳び乗ってきて「オカアシャン、アサゴハン、アサゴハン」と私のことを起こします。時計を見て、5時になっていない時は「まだ夜よ、ルーク、ネンネ」と行って無視。5時を過ぎていたら、「はいはい、ご飯ね」と言って起きることにしています。

私が起きると食いしん坊のルークは大興奮!双子が寝ているにも構わず、跳び越え、踏み越えてベッドを降り、ベランダに直行です。

昨日はその時、事件が起きました。

ルークがベッドから飛び降りたとたん、サーヤがギャーと泣き叫び、「鼻血が出た〜」と言うじゃないですか。鼻を押さえて横を向いているので、布団が血だらけに。あわてて「上を向きなさい」と言って、これまたあわててティッシュを取りに行きました。

落ち着いて見てみると、たいした出血量ではなかったので、とりあえず、ティッシュをサーヤの鼻につめ、顔や手についた血をふいてやりました。

掛け布団の上に寝ていたので、平らなところに寝せようと、隣で頭と足を上下逆さまにして寝ていたマーヤに「まーちゃん、ちょっとどいて」とサーヤを抱っこしながら言うと、寝ていたところをジャマされたマーヤが怒り出して、サーヤの顔を足で蹴り始めました。もうてんやわんやです。

朝5時のことですから、2人とも寝ぼけていて、すぐに寝てくれたので、無事に私は「双子日記」を更新できたというわけ。

「双子日記」の更新を終えて2度寝していると、サーヤが1人でこっそり起き出して、リビングでメルちゃんのお着替えをして遊んでいました。

「もう鼻血とまったのかなぁ・・・?」と思い、リビングで遊んでいるサーヤに声をかけました。「さーちゃん、お鼻もう大丈夫?」

「うん」とうなずくサーヤ。ティッシュももう取ってしまったようです。近づいてよく見てみましたが、大丈夫そう。

「まーちゃん、どうして泣いてたの?」と言うので、「さーちゃんを抱っこして枕のところに寝せてあげようと思って、まーちゃんに『どいて』って言ったら、怒って泣いちゃったんだよ」と答えると「ふーん」と言いました。

「さーちゃん、鼻血だしたこと覚えてないの?」
「うん、覚えてない」

寝ぼけてたから、忘れちゃったのね。よかったよかった。

続いてマーヤが泣きながら起きてきました。

「ルークがね、マーヤのお顔を踏んでいったからね、鼻血がでたのよ」

???

マーヤの鼻にはティッシュがつまっていました。

鼻血をだしたのはマーヤだったんです。またやっちゃったー。寝ぼけていたのは私の方でした。ちゃんちゃん!

【Photo】お顔ふむから、ルークなんてキライ!(マーヤ)

|

« だからパパが好き | トップページ | サーヤの意外な才能(?) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186463/40590797

この記事へのトラックバック一覧です: 謎の流血事件:

« だからパパが好き | トップページ | サーヤの意外な才能(?) »