« 楽しい夏休みだったのに・・・ | トップページ | パパとママどっちが好き? »

2005年7月28日 (木)

親から言われ続けたこと

20050728このあいだの日曜日に、マーヤがちょっとしたケガをしました。おもちゃ屋さんの一角にあるキッズコーナーで遊んでいた時に転んで、柔らかい床だったにもかかわらず、ほっぺたとおでこをぶつけ、ちょっと赤くなり、目のふちにすり傷ができ、左手の薬指をつき指してしまいました。

1週間前にはサーヤが下唇を3針縫うケガをし、それに比べると大したケガではありませんが、ちょっと間違えば大ケガになっていたかも知れません。想像するだけでゾゾー。

その日の晩、夕食を食べながら、夫がサーヤとマーヤに「ケガをしないよう、十分に気をつけなさい」とあれこれ具体的な例をあげてお説教。

一通りお説教して、二人に「わかった?」と聞くと、マーヤが「いつもパパとママが言ってるからわかってるって」と言いました。

それを聞いてパパ激怒。
「わかってる、わかってる、って言ってるうちは、本当にわかってない!」

夫の怒りはマーヤに向けられたものではないのです。事故という、どんなに気をつけても起こってしまう、何かわからないものに不安な気持ちを持っているのです。

夫が子供たちに言いました。
「病気は治せるけど、ケガは治せないことがあるんだよ。死んでしまうんだよ」

もちろん、病気だって治らない病気もあります。突然、倒れてそのまま亡くなってしまうことだってあります。ただケガは、たとえ事故であっても、なんとか避けることができたんじゃないか、という後悔が残るので、親としてはガミガミ言いたくなるのです。そして、一瞬にして幸せを奪われることがある事故・・・その不安が親にガミガミ言わせるのです。

思えば、私も子供の頃、親に「気をつけなさい」とガミガミ言われ続けました。自分が親になった今では、「今度、海水浴に行く」と言えば、「さーちゃん、まーちゃんから目を離しちゃダメよ!溺れたり迷子になったりしないように十分に気をつけなさい」と必ず言われます。

私と夫もこれからもずっとガミガミ言い続けることでしょう。そのたびにサーヤとマーヤはうんざりすると思います。

でも、いつかわかる。いつか本当にわかる日が来るのです。今の私たちみたいに。その日まで元気で生きていくんだよ。

【Photo】それでもあんまりガミガミ言わないで(マーヤ)

|

« 楽しい夏休みだったのに・・・ | トップページ | パパとママどっちが好き? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186463/40595595

この記事へのトラックバック一覧です: 親から言われ続けたこと:

« 楽しい夏休みだったのに・・・ | トップページ | パパとママどっちが好き? »