« ルークの「お泊まり保育」 | トップページ | 戌の日に感じた幸せ »

2005年5月19日 (木)

サーヤとルークのテレパシー

20050217楽しかった旅行も終わり、電車を乗り継いで帰りました。我が家の最寄り駅までの電車に乗り、最寄り駅の二つ手前の駅を通った時にサーヤがこんなことを言い出しました。

「ルークちゃんのお迎えに行かないの?」

その駅はおばあちゃんのおうちの最寄り駅なのです。

最寄り駅とはいえ、おばあちゃんのおうちは駅からバスで15分ほどかかります。我が家も駅からバスで10分ほどかかるので、おばあちゃんのおうちには車で行った方が断然便利。

「おうちに帰ってから車でお迎えに行くよ」と答えたところ旅の疲れで機嫌が悪かったのか「サーヤ、おうちに帰る前にルークのお迎えに行きたい」とぐずりだしました。

さてさて困ったものです。もう駅を通過してますから後戻りするのも面倒。だいたい車以外でお迎えに行くなんてかなりナンセンスなのです。しかも帰る時間が遅くなったのでお迎えは明日にしてもいいかな、などと思っていたぐらいで同じく疲れが出ている親の方はサーヤのぐずりにげんなりしました。

最寄り駅に着き、バス停に向かう道すがらもぐずるサーヤ。ついにパパのカミナリが・・・。それでも「ルークちゃんのお迎えに行く〜」とワアワア泣くサーヤ。バスの中でも泣いていました。

バス停をおりた夫はマンションの駐車場に向かいました。荷物もおろさずにこのままおばあちゃんのおうちに向かうことに。サーヤの粘り勝ちか?

おばあちゃんのおうちに着くとルークが嬉しそうにみんなにとびついてきました。

「8時過ぎからルークが玄関でクンクンなきだして『パパたち遅いねぇ』とルークに話してたのよ」とおばあちゃん。ちょうどサーヤがぐずり出した時間です。

今晩帰ってくるとなぜルークはわかったのでしょう?
ルークがないているとどうしてサーヤはわかったのでしょう?

サーヤとルークはテレパシーで交信していたのかも??

そう考えるとぐずるしか表現手段がなかったサーヤが愛しく思えました。サーヤちゃん、ルークちゃんごめんなさい。

【Photo】サーヤはルークが大好きだからルークの気持ちがわかったのよ(サーヤ)

|

« ルークの「お泊まり保育」 | トップページ | 戌の日に感じた幸せ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186463/40597084

この記事へのトラックバック一覧です: サーヤとルークのテレパシー:

« ルークの「お泊まり保育」 | トップページ | 戌の日に感じた幸せ »