« 夫に育児をさせる方法(1)名前は夫に付けてもらう | トップページ | 夫に育児をさせる方法(3)最終判断を下すのは・・・ »

2003年12月 2日 (火)

夫に育児をさせる方法(2)里帰り出産はご法度

20031202妊娠中期に入った友人から「このままここで産むか、実家に帰って産むか迷ってるの」と相談されることがあります。そんな時、私は「よっぽどの事情がないのなら、里帰りはせずに出産した方がいいと思うよ」と答えます。

もちろん、ご家庭によっては里帰りをしなければならない事情があることもあります。ですから一概には言えませんが、事情が許すのであれば、ご主人の近くで出産し、新生児の時から育児のお手伝いをしてもらうことをおすすめします。

立会い出産とまでは言いませんが(我が家も帝王切開だったので立会いはしてもらっていません)、出産前後の大変さを間近に見てもらうことが、あとあとの育児に影響するのでは、と思うんです。

特に夫に育児をしてもらう、あるいは育児のサポートを積極的にやってもらうためには「里帰り出産はご法度」だと思っています。

赤ん坊は新生児の頃が一番大変です。可愛いというよりも、まるで動物として動物の子供を育てているようです。昼夜を問わず授乳をしなければなりませんし、母子ともにタイミングがつかめず、とまどうこともしばしば。いろんなことが不安定で、しかも相手はまだまだ動物の域。寝てるか泣いているか、あやしても笑い返してくれるわけでもなし・・・人間としてのコミュニケーションはほぼ期待できません。

でも、そんな時期を乗り越えて、親も子も成長していくんですよね。その時期をとばして、生後3ヶ月ぐらいからいきなり育児をまかされても、男性はとまどうばかりでは?

とはいえ、戦争のような双子育児。里帰りはしませんでしたが、我が家は母に退院後2週間ほど手伝いにきてもらいました。あまり偉そうには言えませんね。(^^;)

【Photo】赤ちゃんの頃からパパがだ〜い好き♪(サーヤ&マーヤ)

|

« 夫に育児をさせる方法(1)名前は夫に付けてもらう | トップページ | 夫に育児をさせる方法(3)最終判断を下すのは・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186463/40648472

この記事へのトラックバック一覧です: 夫に育児をさせる方法(2)里帰り出産はご法度:

« 夫に育児をさせる方法(1)名前は夫に付けてもらう | トップページ | 夫に育児をさせる方法(3)最終判断を下すのは・・・ »