« オカネチョーダイ事件 | トップページ | 双子の赤ちゃんごっこ »

2003年11月26日 (水)

サーヤ咳がとまらない夜

20031126信州旅行の疲れが出たのか、連休中からサーヤが鼻水と咳の風邪にかかってしまいました。熱はないのですが、咳がコンコンでるのでつらそうです。

昨晩は咳きこみすぎて(?)晩御飯をもどしてしまったそうです。

私が帰宅すると二人ともベッドで寝ていたのですが、マーヤが起きてきて「さーちゃん、お咳がとまらないのよ、小さいのにかわいそうねえ」と言いました。

サーヤはベッドでコンコンコンコン。咳が出るので眠れない様子だったので、添い寝してあげることにしました。

しばらくすると、寝室のドアがそっと開いてマーヤが入ってきました。手にはフランスパンの中味の白いところを小さくちぎったものを握っています。

「これ、栄養だからさーちゃんに食べさせてあげて」

またしばらくすると・・・今度はおままごとのお皿とフォークを持ってきて

「これ10時になったらさーちゃんに食べさせてね」

どうやら10時のおやつのつもりのようです。

またまたしばらくすると・・・おままごとのコップを持ってきて

「これジュースよ、お咳がとまるから飲ませてね」

そのあともおもちゃを持ってきたり、ボールを持ってきたりしてくれました。

マーヤなりにサーヤのために何かしてあげたいのでしょう。
双子っていいなあ、と思った夜でした。

【Photo】まーちゃんはさーちゃんがダイジなのよ

|

« オカネチョーダイ事件 | トップページ | 双子の赤ちゃんごっこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186463/40648521

この記事へのトラックバック一覧です: サーヤ咳がとまらない夜:

« オカネチョーダイ事件 | トップページ | 双子の赤ちゃんごっこ »